婚活は回転寿司である。

スポンサーリンク

ビジネス英語なら GlobalEnglish 日経版

知らないでは済まされない30代の勘違い

一番最初の記事

何かのテレビで見たことがあるのだが
婚活は回転寿司だと。

若いと言うことは何にも変えられない価値があり
20代は顔のつくり云々関係なくエネルギッシュで魅力的なので
お昼の回転寿司にいるようなものである。

いろんな種類のお寿司が沢山豊富に並んでいるし、
仮に並んでなくても
「いくら!」
「マグロ!!」
と注文すれば何でも出てくる。

でも、30代の婚活は閉店前の回転寿司。
お店に入ってまず回っているお皿の少なさにガッカリする。

・・・え?これだけ??
「んーーじゃあ、いくらお願いします。」
「お姉さんごめんね、もう売り切れちゃったんですよ。」
「えー!!じゃあマグロ!!」
「ごめんなさい、それももう無いんです。あるのは今並んでるイカと軍艦サラダ巻くらいかな」

目を向けるとそこには
1日中回ってたでのはないかと思うような干からびたイカ
湿気た海苔に巻かれた、黄色っぽく変色したマヨネーズのカニかまぼこのサラダとしなしなになったレタスの軍艦巻き
寿司食べにきてんじゃい!!と言いたくなるような、ぷっちんプリン
嫌だけど空っぽのお腹を満たすにはこれしか残っていない・・・。

そう!ピークを過ぎたとはこういうことを意味するのです。
贅沢は言ってられないのです。
たまたま残っていた新鮮なプリプリのウニとか、あるワケがないのです!!
なぜならイイモノはピークに売れてなくなってしまっているから。。。

もちろん、おいしいものを食べておなかいっぱいにしたい。
でも残されたお皿はどれも魅力的じゃない。
そんな中でも
あーでもない!
こーでもない!!と贅沢を言っていては
最優先項目のおなかを満たすことすらできなくなってしまう。

だから仕方なしに食べてみる。

ピークだったら絶対に選ばなかったであろうお皿ばかりだ。

まずはイカ。
予想通り賞味期限の切れたカピカピ感がひどい。
え?これ定価なの??ってくらい最低のクォリティー。

次に黄色く変色したマヨネーズの軍艦。
やっぱりね、予想通り老化を促進させる酸化した油だよ、こいつは。

もういらないかな。
この近くにこの時間やっているお店はもうないけど
私、おなか空いたの我慢して寝れるタイプだし。

でも、せっかくだから久々に食べてみるかな、ぷっちんプリン。

口に入れてみるとなんだか懐かしい味。

寿司を食べに来たことを忘れてしまえば
これが一番鮮度が保たれていておいしい。
おなかが空いているからだろうか?

ふ~ん、なかなかやるね、ぷっちんプリン。

大満足ではないものの
まぁ、いいか。

…と、まぁこういうことなのです。

あんまり食べたくはないけど
これしか残されてないから食べてみよう。
あれ?以外においしい、みたいなこと。

20代は活気があって選びたい放題なので
マグロでも、イクラでも、ウニでもなんでも注文できるし
いろんな条件を並べられますが

30代はそんなことより
与えられた条件の中で、残されたモノのいいところを探す。
何がいい!ではなく
何だったら絶対ダメなのか?という選択をしていく。

その絶対ダメな条件が満たされなければ
時には、もうおなかいっぱいにならなくてもいいか、と覚悟をする。

でも、忘れてはならないことは
この寿司ネタのように、
“賞味期限は切れているけど消費期限は切れていない”のが30代だと思います。
これは男女ともに。

大切なことはお腹を満たすことなのか?
それとも新鮮でイケイケのマグロでなければ空腹のままでいる覚悟があるのか?

新鮮じゃなくてもいい?
マグロじゃなくてもいい?
どこまで妥協できる?
絶対にダメなのはどんな条件?

自分の基準を確かめてみることが
一番自分のベストチョイスを選びやすくする、そう思います。

もちろん、独身を貫くのが私は悪いとは今でも全く思っていませんし、
結婚をすることが良いことだとも全く思っていませんが。

自分の位置をこんな風に見る視点もあるんだな、位に思って頂ければ幸いです。

※わかりやすくする為に、例え話に回転寿司屋さんを取り上げましたが、実際の回転寿司屋さんはこんなじゃないと思いますので悪しからず!(笑)




【人気記事】

知らないでは済まされない30代女の勘違い

婚活は回転寿司である

とびきりのマリッジブルー解消法①

とっておきの不幸

29歳で婚約破棄



【ゼロ婚】持ち出し費用0円のオリジナルウェディング♪

↓ポチっとお願いします↓


にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛観・結婚観へ

にほんブログ村 恋愛ブログ 30代女性 婚活・結婚活動(本人)へ

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ

にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村
スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。