恐るべし!恋愛ブランク

スポンサーリンク

前回の記事

ストーリーの一番最初

二次会は直樹さんが取り仕切った。
お洒落だけどカジュアルなスペイン料理のお店に連れて行ってくれた。

店員さんに案内された場所はとてつもなく長い席だった。
長い席=席替えがしにくい(もしくは、ない)

私のようにもうターゲットが定まっている場合は
ここで隣の席をゲットできるかできないかによって
コストパフォーマンスも
時間の有効性も
テンションも
モチベーションも
はたまた今後の展開も大きく変わってくる。

お料理教室のお仲間と優雅に話すそぶりを見せながら
実際は話なんてそっちのけで
私はここまで使ったことがあるだろうか?と思うほど
動体視力をフルに働かせていた。

…とその時!

直樹さんが席についた!!!
いや~ここが日本でよかった。
控え目女子が多くてなかなか席につこうとしない。

私はその時間の猶予を利用しながら
いかにも“誰かが座らないとなかなか進まないから座っちゃうね”的な配慮を装って
直樹さんの隣にしっかりちゃっかり座った。

やったー!!!!!

心の中ではめちゃくちゃガッツポーズしながら
そこは大人の女性として表向きは平静さを保ちながら…

2次会ではみんなお酒も頼んだ。

うす暗い席。
お料理も美味しい。

こんなステキなお店を知っているなんて、
前に誰と来たの~
なんて彼女でもないのに勝手に切なくなりながら…

案の定席替えはなかった。

そのお陰で私は心行くまで直樹さんの隣でグループでの会話を楽しんだ。

ふ~ん、自転車が趣味なんだ。
BBQが好きなんだ~
車も好きでいい車に乗っているのね~
ふんふん…

と、そこにあかりさん。

「え~じゃあ今度お料理教室のイベントがあるとき乗せて行って下さいよ~!!」

えっ!?
も、もしやライバル!?!?
チェーック要注意人物!!
φ(..)メモメモ!

しかし、恋愛ブランクの長い私。
気になる相手だからこそ
そんな風にサラッと気軽に言ったりできない。

くっそーー!!!!

男なんて足かせになるし~♪
今の私には時間もお金も男に使うのはもったいない!

なんて余裕ぶっこいて言っている間に
いつの暇にか
自分でも気が付かぬ恋愛処女になっていたのだった。

え?男の人の心ってどうやって掴むんだっけ?
どう思わせぶりの態度をとるんだっけ?
どうやって甘えるんだっけ?
どう懐に飛び込むんだっけ?

ん?ん?
過去を思い出しても
所詮は“本気にならないでいようね”を繰り返してきた
アラサ―彼氏いない歴5年女。

全く思い出せない。

結局は目ざとく隣の席が確保できただけで
接近するどころかボディタッチもできず終わった。。。



【人気記事】

知らないでは済まされない30代女の勘違い

婚活は回転寿司である

とびきりのマリッジブルー解消法①

とっておきの不幸

29歳で婚約破棄



【ゼロ婚】持ち出し費用0円のオリジナルウェディング♪

↓ポチっとお願いします↓


にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛観・結婚観へ

にほんブログ村 恋愛ブログ 30代女性 婚活・結婚活動(本人)へ

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ

にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村
スポンサーリンク