29歳で婚約破棄

スポンサーリンク

21歳から29歳まで8年間お付き合していた彼氏がいました。

20代の、若くて一番かわいい時代を全て捧げたと言っても過言ではない彼。
もちろん互いの両親にも紹介済みで
彼抜きでもお母さんや妹さんと遊びに行ったりするほど
彼の家族とも親しくしていました。

「結婚します♪」
当時幼稚園教諭をしていた私は
園庭の桜の蕾がふっくらし始め
チューリップが咲き誇る
ポカポカした陽気の中
沢山の親御さんや子ども達、上司や同僚から
祝福とお見送りのお花や言葉を頂き
幸せいっぱい円満に寿退職をしました。

2008年3月。
当時28歳。

お互いの両親も大喜び。
特に母の喜び様は想像以上で
祖母にもご近所さんにも言いふらしてました。

玄関先に郵便物でも取りに行こうものなら
「良かったわねぇ!!淋しくなるけどお幸せにね!!!」
なんて言われて、嬉しいような恥ずかしいような・・・照れながら挨拶をしていました。

今思い返すと一番切ないのは
浮かれた母と式場見学に行ったこと。

終始嬉しそうにしていた母は、
きっとその会場で
1人娘の待ち焦がれた晴れ姿を幾度となく想像し
胸を膨らませていたのだと思うと
切ない…切なすぎる…

そもそもの雲行きが怪しくなったのは6月。

1年ほど東京と沖縄で超遠距離恋愛をしていた私たち。
彼は住まい探し担当
私は結婚式準備担当
と並行して分担することにしていた。

しかし彼は仕事が忙し過ぎて一向に住まい探しができない。
私は仕事も辞めたので順調に式場探しをし、結婚式の日程を提案。

一度彼にOKをもらうも、やはり難しくなったとのこと。
え?これ前金払った後だったら取り返しつかないことになってたんですけどーーーー!
もうこんなことはないのよね??
怒りがフツフツ。
住まいも早く探してよね!!

本当に結婚前から不満タラタラでした。

8年のお付き合いがあったからこそ余計に遠慮もなかったし
良い意味でも悪い意味でも2人の歴史が刻まれていたし。
出た!!また優柔不断!!!!ってイライラも歴史とともに倍増する訳です。

2008年夏。
遠距離になって1年位。

初めは
寂しい!!会いたい!!!でいっぱいだった想いが
いつしか彼が一緒にいない時間が当たり前になっていった。

一人での楽しみ方や過ごし方を覚え
彼に会いたい気持ちより
お金と時間の負担がかかるハードルの方が高くなった時期。

遠距離は1年が限界って言われるけど
本当にそう!!

お互いになんとなく盛り上がりに欠け
テンションも上がらない状況ではあったけど
かといって8年も付き合うとお別れするのもとっても大変でした。

別れるだの別れないだのを
ウダウダ繰り返し、
時には親まで巻き込むこと数か月。

最終的にやっぱりダメだー!
と決断をしたのは私でしたが
結局は向こうも結婚したくなかったんじゃないかと思う。

別れの電話は夜が明けるまでかかり
ピンク色のキレイな朝焼けを見ながら
沢山たくさん泣いたことを覚えています。

でも、女子は強いのです。

だって、別れと言う最悪の結末を迎えるまでに
自分のできることは全てやりつくしたから。
8年のお付き合いも3日も経てばケロッとしたものです。

あーぁ、結婚のために貯めていた結婚資金しばらく遣わなくなっちゃった。
よーし!エジプトでも行っちゃえ~♪
なんてスッキリした気持ちで旅行を楽しみ
本当に朗らかな晴れ晴れした気持ちでした。

傷心はそれほどなかったものの、
祝福ムードの燃え上がる炎を鎮火すべく
親や祖母、ご近所さん、教え子の親御さん(今でもつながっている程仲が良いので)、元職場の同僚にこの事実を説明して周らなければならない現実。
え?子どもになんてどう説明したらいいかわからないんですけど・・・
なんて苦悩しながら。

結局は金なし、仕事なし、彼氏なし。
…で29歳婚約破棄をした女、という痛い現実が待っていました。

さて、これからどうしよう??


続く



【人気記事】

知らないでは済まされない30代女の勘違い

婚活は回転寿司である

とびきりのマリッジブルー解消法①

とっておきの不幸

29歳で婚約破棄



【ゼロ婚】持ち出し費用0円のオリジナルウェディング♪

↓ポチっとお願いします↓


にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛観・結婚観へ

にほんブログ村 恋愛ブログ 30代女性 婚活・結婚活動(本人)へ

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ

にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村
スポンサーリンク